September 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

Text Editor(テキストエディタ)

JUGEMテーマ:使えるPCソフト
 


テキストエディタ(英語: text editor)とはコンピュータで文字情報(テキスト)のみのファイル、すなわちテキストファイルを作成、編集、保存するためのソフトウェア(プログラム)である。一般的に、文字情報の入力、削除、コピー、貼り付け、検索、置換、整形などの機能を備えている。Microsoft Windowsのメモ帳や、Mac OS Xのテキストエディット、UNIXのvi、Emacsなど、多くのOSやデスクトップ環境に最初から装備されている。

Wikipedia

 
※いろいろ試した上で、友人のススメもあって2015.10からは以下の「サクラエディター」を使用することにしました。
 

http://techacademy.jp/magazine/4722

Posted by Ca.Va.Ya Web Coordinator on 2015年10月25日
 

http://techacademy.jp/magazine/986

Posted by Ca.Va.Ya Web Coordinator on 2015年10月25日


01.TeraPad(テラパッド)

Windows用のテキストエディタ。国産のエディタですのでインタフェースが日本語。シンプルさを特徴としており複雑な設定が不必要。ソースコードの色分け機能などが付いており初心者でも安心して使える。

02.サクラエディタ

Windows用のテキストエディタ。オープンソースでだれでもソースコードを編集できる為、多くの開発者によって機能が追加されてきた。こちらも国産エディタなのでインタフェースは全て日本語。複数のファイルから同時に検索できるGrep機能や、キーボードマクロの登録などが可能で、豊富なカスタマイズ機能を持っている。

03.Notepad++(ノートパッドプラスプラス)

「メモ帳」に替わるエディタを目指して開発されたWindows用のエディタ。開発元は海外だが、様々な言語に対応しており、日本語でも使うことができる。動作が軽快で、他のエディタよりもデフォルトで多くのプログラミング言語の色付けをサポートしている。

04.CotEditor( コットエディター)

Mac用のテキストエディタ。国産のためインタフェースがすべて日本語で使える。シンプルで初心者でも使いやすく、様々なプログラミング言語の色付けも行ってくれる。Mac のテキストエディタの中でも人気がある定番エディタとなっている。

05.mi(ミ)

Mac用のテキストエディタ。国産のためインタフェースが日本語。自動的に関数の一覧表や、ファイルの一覧表などを作成してくれるプログラマに嬉しい機能が付いている。また、エディタの背景画像を設定できるので、見た目にこだわりたい人にもおすすめ。UTF-8といった文字コードも画面の上から簡単に変えることができる。

06.Sublime Text(サブライムテキスト)

WindowsMacLinux対応のテキストエディタ。インタフェースは英語だが、日本語の入力は可能。使い勝手やデザインが良く、最近特に注目されている。シンタックスカラーリングや、ソースコード全体のマップ表示など便利な機能も揃っている。有料ソフトだが、現在はバージョン2の評価版が無料で無制限に使える。気に入ったらそのまま購入することも可能。エディタはタブの表示で使うこともできる。

07.Visual Studio(ビジュアルスタジオ)

Microsoftが提供するWindows用の統合開発環境。テキストエディタも内部に含んでおり、Windows用のアプリケーションを開発するときや、Xbox 360 用のゲーム、Windows Phone 用のアプリケーションを開発するときなどに使う。多言語に対応しており日本語でも使うことができる。WindowsやXbox360用のプログラムを開発したい人はこのソフトに慣れておくと良い。いくつかのエディションがあり、Expressエディションが無料。

08.Xcode(エックスコード)

Appleが提供するMac用の統合開発環境。iPhone や iPad、Mac用のアプリ開発に必要な機能がそろっているため、 iPhone アプリを開発したい人は、使い方を覚えて損はない。その他のアプリケーションを開発するためにも使えるが、インタフェースは英語。

09. Eclipse(エクリプス)

IBMによって開発された、様々な用途に使用できるオープンソースの統合開発環境。WindowsMacLinuxなど多くのOSに対応している。Androidアプリを開発するときには、Google が提供するADT Bundleという開発セットの中に入っているEclipseを使うことになる。インタフェースは英語だが日本語化も可能。

10.vi(vim) / Emacs

こちらは主に CUI 環境で使われるエディタ。Linuxユーザやサーバエンジニアによって広く利用されている。GUI のエディタに慣れたユーザにとってはキー操作が異なり取っ付きづらい部分もあるが、サーバの設定をしたりLinuxの操作をしたい人は慣れておくと良い。もちろんプログラミングにも使用可能。※viは多くのLinuxディストリビューションで最初から使用できる。

comments

   
pagetop